近頃は、薄毛(脱毛症と呼ぶこともあります)や育毛専用のシャンプー剤等も売っている為に、必要よりもシャンプーを行っている様な方もいるみたいですよが、ちょっと注意(してくれる人がいるうちが花だといえるでしょう)が必要だと言えるはずです。シャンプーをすると、確かに頭皮(頭皮をケアすることをスカルプケアともいいます)がスッキリして、毛穴に詰まった汚れもさっぱりと落ちた気持ち(人に話すことで楽になったり、増幅したりするといわれています)になりますよね。けれど、結局1日経ったら、また元の状態に戻ってしまってはいないでしょうか?皮膚の脂の量は、どんなにシャンプーをしても、一日経ったら元に戻るだといえます。つまり、何度シャンプーをしてさっぱりした気分になったとしても、結局は1日で元の状態に戻るだけなのです。また、それだけじゃなく、皮膚(何でもないときにはあまりに気にしないことも多いですが、一度トラブルが起こってしまうとものすごく気になるものです)を保護してくれている皮脂(皮膚の表面に分泌される脂です)までも、過度なシャンプーを行うことにより洗い流してしまうでしょう。その結果として、これまで以上に皮脂の分泌が盛んになり、皮脂量を増やしてしまったりする事にもなりかねないのです。シャンプーをしている最中に、髪が抜けてしまう危険性だもありますよ。勿論、頭皮(こまめにマッサージすると顔のたるみも予防できるのだとか)を清潔に保つためには、こまめにシャンプーを行う必要があるんです。でも、いくら薄毛(病気ではないので、治療の際には自由診療になってしまいます)や育毛専用のシャンプー剤を使っているからといって、過度なシャンプーをしたら、逆に薄毛(脱毛症と呼ぶこともあります)を進行させてしまう危険性もあるでしょうから注意が必要でしょう。髪についたホコリやチリなどと言った汚れであれば、お湯で丁寧に洗い流すだけで十分に落とすことができます。シャンプーの頻度は多くても、1日に1回、夜に洗うようにするのがオススメです。シャンプーで洗うのは二日に1回にして、そのほかの時にはお湯で流すだけというのもいいかもしれませんー